●若い人たちの防災に関わる能力の向上を図るため、防災教育活動の情報提供の場としてこのサイトを運営しております●
防災教育チャレンジプラン
サイト内検索 
防災教育チャレンジプラン募集 2005年度チャレンジプラン団体の紹介 防災教育事例集→検索 防災教育Q&A チャレンジプラン実行委員会のコラム 防災教育に役立つリンク集

ホーム > 2020年度チャレンジプラン団体の紹介 > 2020年度実践団体プラン概要

2020年度チャレンジプラン団体の紹介--2020年度実践団体プラン概要


北海道標津高等学校
プラン名 プラン概要
標津高校防災活動協働プロジェクト

高校生が主体となり、町役場、行政及び地域住民と連携し、「高校生が町を守る」ことを意識させ、主体的に行動できる地域防災リーダ育成に取り組む。2019年度に作成した「オリジナルHUG」を地域に普及させるために、地域を巻き込んだHUGやREAL HUG(避難所開設シミュレーション及び避難所体験)を行い、有事の際のスムーズな避難所開設を目指す。また、高校生が主体となり、防災活動を小中学生に普及させることにより、町内で一貫した防災教育の浸透を図り、非常時に適切な行動をとることができる児童生徒の育成に貢献し、地元愛を持った児童生徒の育成を図ることを目的とする。

団体紹介

本校は、北海道標津町内にある全校生徒数146名の小規模校で、洪水、高潮、雪害、津波被害の想定される地域に位置しています。本校生徒会では、HUGを取り入れた防災の取組を実施、さらに町主催の防災訓練に協力をしてきました。近年は、被災地へのボランティア参加や現地視察研修を実施しました。また、本校の避難所としての機能を確認するために避難所設営訓練を実施し、防災意識の向上に努めてきました。生徒会交流も実施しており、釧路管内の高等学校や隣接する羅臼高校との交流会を重ね、活発な生徒会活動を実践しています。