●若い人たちの防災に関わる能力の向上を図るため、防災教育活動の情報提供の場としてこのサイトを運営しております●
防災教育チャレンジプラン
サイト内検索 
防災教育チャレンジプラン募集 2005年度チャレンジプラン団体の紹介 防災教育事例集→検索 防災教育Q&A チャレンジプラン実行委員会のコラム 防災教育に役立つリンク集

ホーム > 2020年度チャレンジプラン団体の紹介 > 2020年度実践団体プラン概要

2020年度チャレンジプラン団体の紹介--2020年度実践団体プラン概要


岐阜県立大垣特別支援学校
プラン名 プラン概要
守ろう自分の命、家族の命

1.生徒が日常生活や災害時の危険な状況を理解し、自ら安全行動をしたり、大人の指示で行動できたりする。

2.家族と共に活動に取り組み、家庭の防災意識向上と対策を啓発する。

3.防災学習用アプリの製作など、交流校との活動を通し、防災意識の共有と地域への広がりを図る。

団体紹介

当校は、昭和49年に知的障がいのある児童生徒を対象とした養護学校として開校しました。平成29年度からは、肢体不自由と病弱障がいにも対応した総合化の特別支援学校となりました。

当校がある岐阜県大垣市は、南海トラフ巨大地震が発生した場合、家屋の倒壊や液状化等の甚大な被害が想定されています。そのような災害が発生した場合でも、児童生徒が自分の命を守り切ることができるよう、障がい特性に応じた防災教育の推進や、家庭、地域との連携に取り組んでいるところです。