●若い人たちの防災に関わる能力の向上を図るため、防災教育活動の情報提供の場としてこのサイトを運営しております●
防災教育チャレンジプラン
サイト内検索 
防災教育チャレンジプラン募集 2005年度チャレンジプラン団体の紹介 防災教育事例集→検索 防災教育Q&A チャレンジプラン実行委員会のコラム 防災教育に役立つリンク集

ホーム > 2020年度チャレンジプラン団体の紹介 > 2020年度実践団体プラン概要

2020年度チャレンジプラン団体の紹介--2020年度実践団体プラン概要


呉工業高等専門学校
プラン名 プラン概要
3Dマップによる小中学校向け防災教育

呉高専の学生が,小中学校と連携して児童生徒と一緒にジグソーパズルを組み立てる感覚で,地形の特徴を認識しながら3D地形模型を作り,防災教育に活用します。2017年度防災教育チャレンジプランで実践した内容をバージョンアップし,材料の切断はすべてレーザー加工機を使って,小学生でも速く安全に簡単に作れ,さらに解体収納もできる3Dマップを提供。2019年度から5年間で呉市立小中学校全62校での防災授業実施を目標に活動しています。

団体紹介

呉高専では,2015年から学年学科を超えた学生チームでプロジェクトを遂行する「インキュベーションワーク」という授業を行っており,現在80の学生主体のプロジェクトが動いています。3Dマップ製作チームでは,GISとレーザー加工機による3D地形モデル製作とそれを使った防災活動を行っています。https://www.facebook.com/3DMapKureKosen/

2019年度 「初等中等教育における地理情報システム(GIS)を活用した授業に係る優秀事例表彰」 地理情報システム学会賞 受賞